スポンサーリンク

2018年10月31日

完全な負け試合の展開にも関わらず

昨日は、日本シリーズ第3戦でした。

結果は?
わが広島カープは?
8-9の惜敗となり

日本シリーズ第3戦の
対戦成績は1勝1敗1引き分け

となりました。

日本シリーズ第3戦は?
正直、完全な負け試合の展開にも関わらず。

ここは、考え方として
前向きに捉えるべきだろう。

まず、日本シリーズ第3戦の先発の
九里亜蓮投手ですが・・・4回に連続フォアボールから
崩れてしまい、2失点。

あくまで、結果論ですが・・・。
4回で代え時だったかもしれませんね。

九里亜蓮投手が、
5回も捕まり、ヘルウェグ投手のリリーフを仰ぎ
4失点となりました。

ここまでなら?逆転の目がありましたが・・・。
6回から登板した
岡田明丈投手が炎上。

ピンチを招き、
柳田悠岐選手の内安打で1失点。

ここまでは致し方ないが・・・。
デスパイネ選手に不用意な1発を浴びた。

これが仇
になりました。

打線は?
鈴木誠也、安部友裕の両選手に2本のホームランが飛び出し
8点を返すも?
※丸佳浩選手の状態は心配ですが・・・。

日本シリーズ第3戦は、
結果として、惜敗ですが・・・?

わが広島カープの勝ちパターンである
フランスア、中崎の両投手を温存できた点は評価したい。

むしろソフトバンクホークスからしたら?
楽勝の試合展開で
守護神まで投入させないといけない展開になり
いくらリードでも不安・・・。

そんなプレッシャーをかけられた
日本シリーズ第3戦はなかっただろうか?


本日は?
日本シリーズ第4戦
先発は?野村祐輔投手ですね。

本来3戦目に先発すべき投手ですが
第7戦までとすれば?1回の先発予定。

ここは?ミスター6回として
きっちりお仕事して頂きたい。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ

2018年10月29日

素晴らしい形で先手を取りました

さて、昨日は?
2018年の日本シリーズ第2戦でした。

先発は?
両エースでスタートしましたが
わが広島カープのエース
ジョンソン投手が圧巻の投球を披露
してくれました♪

7回に1失点するも
強力打線のソフトバンクホークスの打線に
なにもさせなかった
ですね(^^♪

あと、大瀬良大地投手の
初戦の伏線が効いてますね。

主砲の柳田悠岐選手を徹底マークして仕事をさせない。

一方、わが広島カープ打線は?

攻撃的打線で
レフトに入ったデスパイネ選手のエラーを誘い
バンデンハーク投手の立ち上がりを攻め

先制点を奪うと?

3回、5回に追加点

ジョンソン投手の後を
右矢印1フランスア右矢印1中崎の両投手で
きっちり無失点で抑え押し切りました♪


打線の方も
初戦、スイングできてなかった
丸佳浩選手が犠牲フライで1打点を挙げ
1安打を放ち、復調傾向。

田中広輔、鈴木誠也の両選手は猛打賞!!!

上位打線が打てば?
やはり得点の可能性が上がるのは必然。

鈴木誠也選手が打つ事で
丸佳浩選手と勝負せざろう得ない状況を作れます。

非常に、素晴らしい形で先手を取りました。

しかし、悲願の日本一に向けて

最大の問題は?

ヤフオクドームに移し
DH制となります。

特に、
右矢印13戦目4戦目
ですね。

両軍の先発投手をみると・・・やや分が悪いので
3戦目4戦目のいずれかを取りたいですね。

いずれかを取れると?
6戦目に大瀬良大地投手
7戦目にジョンソン投手を持ってこれる。
※5戦目6戦目が濃厚も、王手をかけてマツダスタジアムに帰ってくるのが理想。

当初のプラン通り中4日で回る手もあるが・・・中6日の方がベターと思う。

5戦目の後、移動日があり
この1日は大きいと思うワケです。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ

2018年10月28日

手に汗握る。いや緊張感ありあり

昨日から2018年の日本シリーズが開幕となったワケですが・・・。

初戦から、手に汗握るいや緊張感ありあり
な試合
でしたね。

ソフトバンクホークスの先発
千賀滉大投手の立ち上がりを攻め
初回に2点を奪うも・・・。

5回のピンチに
名手の菊池涼介の送球が2バウンドし
松山竜平選手のエラーとなり、2失点。

そのまま両軍
自慢のリリーフ陣から、得点を奪えず
延長12回で引き分けとなりましたね・・・。

正直、勝ちたい試合でしたが・・・。

収穫と不安材料が出た試合
でした。

まず収穫

ソフトバンクホークスを苦手にしている
@大瀬良大地投手が、
 ある程度シーズン同様な投球ができた点


2018年の日本シリーズは?
第7戦までもつれるとみてますので
次回も期待できる投球内容と言える。

A一岡竜司、フランスア、中ア翔太
の勝ちパターンがシーズン同様に機能しそう。


という点でしょうか。

特に、フランスア投手は?
ソフトバンクホークス打線も驚いてましたね。

両軍でNO1のリリーフ投手だったと思います。

B柳田悠岐選手に打たせなかった。
相手の主砲を徹底マークし、内角を意識させる事に成功。

次、不安材料

@ジャクソン、中田廉の両投手

 無失点で切り抜けたが、不安な内容でしたね。
 接戦となった時に使うのが怖いですね。

 岡田明丈、ヘルウェグの両投手は保留。

A丸佳浩選手

 どうもタイミングが合ってない・・・。

 わが広島カープのポイントゲッターで相手にマークされ
 研究されるのは必然。

 ひとまず、鈴木誠也選手に繋げる意識の方が良いか?

B盗塁を封じられた

シリーズ初戦でソフトバンクホークスの
甲斐拓也、谷裕亮の両捕手の強肩で2連続で盗塁死

特に、甲斐拓也の肩はなんでしょう?あれ・・・(笑−)

盗塁はせず、エンドラン&送りバントの方が良いですね。

盗塁だけが機動力ではないので
このあたり、初戦でわかったので
きっちり対策を練って欲しい
ですね。

さて、2018年の日本シリーズ
第2戦は?

わが広島カープの先発は?
エースのジョンソン投手

ソフトバンクホークスの先発は?
エースのバンデンハーク投手

初戦に続き、投手戦が予想
されますね。

簡単には、得点を奪えない試合になるので
エラーや凡ミスは避けたい。

まずは、先手を取りたいところです。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
スポンサーリンク