スポンサーリンク

2019年09月30日

矢野監督の采配をみて勉強して欲しい・・・。

さて、わが広島カープは
2019年の全日程を終え

阪神タイガースの結果待ちである・・・。


で、本日の結果次第で

3位でのクライマックスシリーズ進出か?

あるいは、4位転落・・・
となる。

28日29日と連勝し
本日の9月30日のドラゴンズとの最終戦に望みを繋いだ。

負けたら?終わり・・・・。

そういった状況の中
矢野監督は思い切った采配を振るっている・・・。


シーズン中は、先発ローテーションで起用していた投手を
次々に送り込み
勝ちパターンへの継投へ。

先発ローテーションの軸だった投手であっても
状況をみて、早々に交代をする。



打線も、チャンスとみれば?
早い回から、代打の切り札を切っていく。

ここは、結果論だが・・・。

これぞ総力戦
と言うのである・・・。

その結果、敗戦する事もあるが・・・。
出し惜しみせず、戦うこと=総力戦と言うのである。


シーズン終盤や短期決戦とは?
調子の良い選手の見極め
&勝負所に見極め

最後は、ナインへのメッセージを采配で送るのだ。



矢野監督の采配をみて勉強して欲しい・・・。

そんな風に思う。


ペナントレースの戦いとは長丁場であり
できるだけ先発を引っ張りたい。

できれば当初のプランニング通り
選手を起用する。

若い選手の起用なども必要になってくる。

緒方監督は、ここの部分は申し分ない采配ができる。

だが、シーズン終盤や短期決戦となると
変化に対応し、勝負所をかぎ分ける嗅覚が求められるのである・・・。

少なくとも、セリーグの指揮官より
直近で一番そういった指揮を体験しているワケだが・・・。

あと1勝
いや5勝分の差はここにあるのである。


 言葉だけの総力戦

辞書をひくところから始め。
そして、他球団の指揮官から、是非学んで欲しいものである・・・。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ

2019年09月29日

2019年のドラフト1位指名候補は5人

さて、先日
わが広島カープが?
2019年のドラフト会議に向けて
第3回目のスカウト会議が行われた。

現時点では?
目玉候補の3投手である

奥川恭伸投手、佐々木朗希投手、森下暢仁投手


の3投手に加えて

社会人の即戦力候補

JFE西日本の
河野竜生投手をリストアップしている事が明らかになった。


また、創志学園高校の
西純矢投手も1位候補に残っており

初回入札での
2019年のドラフト1位指名候補は5人に絞られたようですね。

戦前の他球団のドラフト候補も
この5人が中心ではないか?

とみられている。


以前、下記の記事を書きましたが・・・。

http://momigi.sblo.jp/article/186155161.html

大船渡高校の
佐々木朗希投手が
プロ志望届を提出して面談を希望した場合

面談に行く意向のようですね。

2017年のドラフトの目玉選手だった
清宮幸太郎選手には
面談に行かなかった・・・。

=指名しないと明確だった

つまりは、佐々木朗希投手を
競合覚悟で1位指名する可能性は残している。

そうゆう事なのでしょう。

ただですね・・・。

これは、当ブログでは一貫して
2019年のわが広島カープのドラフト会議では?


右矢印1創志学園高校の
西純矢投手を1位指名推し
です。

 地元のスター候補生で
 カープ愛のある選手でセンスのある選手で

 負けん気の強さも良い。



こうゆう地元の逸材を
指名しないのは勿体ない・・・。


 もちろん、即戦力投手が欲しい。

 佐々木朗希投手の育成をしたい・・・。


そんな気持ちもわかる。

だが、現実的に考えて
創志学園高校の
西純矢投手は1本釣りできる可能性がある。



また、広島カープは?
その年の3番手4番手の候補を指名し
育成して、成功してきた実績がある。

もし、奥川恭伸投手、佐々木朗希投手、森下暢仁のいずれかの投手に
1位指名して、外した場合(西純矢投手へ指名が殺到する可能性がある)


いつぞやにあった(2016年のドラフト会議)
佐々木千隼投手のような
ハズレ1位状態(5〜7球団競合となる可能性もある)

も想定される・・・。


ここは他球団との駆け引きの部分だが・・・。
公表する?しない?も含め

このあたり、直前まで目が離せないですね。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラフト

2019年09月28日

総力戦で戦って良い試合である・・・。

昨日は、中日ドラゴンズとの
2019年最終戦に臨んだ
わが広島カープ。

結果は?
1−4で敗戦・・・。


これにて、阪神タイガースの試合結果を待つだけの状態になった・・・。
3連勝されたら?

4位転落でクライマックスシリーズにはいけない・・・。


非常に、残念な結果である。

先日、下記の記事を書きましたが・・・。

http://momigi.sblo.jp/article/186589877.html


私は、昨日の試合で
この采配ミスは痛かった・・・と思っている。

まず、3回裏の攻撃

石原慶幸選手が出塁
次は、ジョンソン投手である。

なぜ?ここで犠打ではないのか・・・?

右矢印1結果、併殺

1アウト2塁で
西川龍馬選手なら?得点チャンスである・・・。

理解できない・・・。



次、7回のジョンソン投手の続投

ここは結果論にはなる・・・。

たしかに、通常のシーズン中ならば?

ジョンソン投手はエースであり
続投は正解
だろう。

だが、昨日の試合は?
勝てば?クライマックスシリーズ進出が決まる一戦。

総力戦で戦って良い試合である・・・。

ジョンソンを6回1失点で

野村祐輔、床田寛樹、大瀬良大地がいて
継投に入って良い場面である・・・。


結果打たれてたかも?しれないが・・・。

少なくとも、なんとか勝ちたい!!!
そんな意思をナインに伝える必要があったと思う。


戦前言っていた?
総力戦をなぜ?しない・・・。


ここの判断の遅れ・・・2019年シーズンほんとに何回も観た。

遡れば?
クライマックスシリーズや日本シリーズでも
シーズンと変わらない戦い方で敗退した。


この緒方監督のイザという時の采配には?
疑問を禁じ得ない・・・。


そんな試合だった・・・。

2019年シーズンのペナントレースの日程終え
70勝70敗3引き分け


という結果に終わった。

采配で5つ以上の上下があり
個人的には、セリーグ4連覇できたシーズンだったと思う・・・。

もう1度書こう。

 采配ミスで4連覇できなかったのである・・・。

 戦力は足りていたのだ。



クライマックスシリーズ進出できるか?
わからないが・・・。

ひとまず、緒方監督をはじめ、首脳陣は?
引分け以下で終わった試合を73試合を全部見直せ!!!


で、この後どうするか?頭を整理すべきである・・・。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
スポンサーリンク