スポンサーリンク

2020年01月31日

4年目を迎える坂倉省吾選手への期待値

さて、今日は?
4年目を迎える坂倉省吾選手について書いてみたい

2019年シーズンは?
開幕1軍入りし
51試合(64打席)に出場し、プロ入り後
初ホームランを放つなど、かなり1軍でのプレイ機会が増えてきた。


だが・・・?

前田智徳級の打撃センスと言われる
坂倉省吾選手にしては・・・正直物足りない結果と
言えるだろう。

とはいえ、高卒野手でも3年目で結果を残すのは難しい上に
捕手としての練習がメイン
である。

ここに加えて
サードでの練習も行っている(出場機会の可能性を広げるために)

現時点での坂倉省吾選手の立ち位置は?

捕手での序列は?5番目

サードやレフトでは、更に下
である。
※練習の情報はないが、ファーストまで含めても

ただ、左の代打という観点では?
最上位にくる可能性が十分
である。
※スタメン選手の状況で変わるが、3番手以内にランクすると思っている。

坂倉省吾選手は
プロ3年で63試合77打席というチャンスをもらってきたワケだが・・・。
2020年は?左の代打の切り札として
まずは結果を残して欲しい。


代打の切り札になると?
60打席ぐらいのチャンスはある。

代打で3割超えになってくれば?



更に、レギュラー選手の状況や相性の良い投手なども出てくれば?

スタメン起用も、10試合〜20試合(3〜4打席換算)ぐらいはありうる。

 90打席〜140打席の機会を得られる計算になるので?

 打率250 本塁打5本 以上

4年目を迎える坂倉省吾選手には?
このぐらいの期待値でどうだろうか?


あまり過度な期待をせず、才能開花を待ちたい選手である!!!

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 坂倉将吾

2020年01月30日

2年目を迎える小園海斗選手への期待値

さて、2年目を迎える小園海斗選手への期待値について

今日は書いてみたい♪

小園海斗選手の
ルーキーイヤーは?

1軍で58試合197打席の出場機会を得て
40安打4本塁打1盗塁
打率.213という結果
を残した。

高卒1年目の選手としては
プロに対応できるレベルを証明し
インパクトを残し、将来性を感じさせた


という結果である。

もちろん、田中広輔選手がケガによる不調があり
小園海斗選手は、望外の出場機会を得られたというのも事実である。

 現時点では?ショートでの
 スタメン争いはもちろんだが・・・。

 1軍当落線上にいる


というのが、
小園海斗選手の現実であり、現在の立ち位置である。

その中で、まず、どれだけの出場機会を1軍で得られるか?
という部分が出てくる。


状態が万全なら?
田中広輔選手がレギュラーで出場する可能性の方が高いだろう。

ただ、膝の手術明けという事もあり、
欠場試合を作る可能性がある。

となると?
3連戦中1試合程度のスタメン起用などの可能性がある。

43試合のスタメン出場+代打および途中出場

現実的な線で考えると?
80試合240打席ぐらいだろうか?


また、小園海斗選手は、
走塁技術にも定評がある選手であり
昨シーズンはなかったが・・・。
序盤は?

代走右矢印1守備位置に入る
という役回りもあるかも?しれない。

打率250
本塁打 7
盗塁 10


小園海斗選手の2年目の期待値は
このぐらいでどうだろうか?


あまり過度な期待はせず・・・という数字だが
それほどハードルが低いワケでもないと思っている。

ひとまず春キャンプで
ケガなく、無事に
そして首脳陣にアピールをしていって欲しい!!!
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小園海斗

2020年01月29日

鈴木誠也選手がチームの盗塁王という結果は?あまり良い事ではない

さて、そろそろ春キャンプに入ってくるワケがだ。。。。

わが広島カープといえば?
脚を絡めた野球が伝統である・・・。


だが?2019年シーズンを振り返ってみて・・・。
盗塁数は?

チームで81
である。

リーグで3位の数字

チーム内での盗塁王は?
主砲の鈴木誠也選手の25
である。

これ事態は素晴らしい成績だが・・・。

チームとしては、
主砲の鈴木誠也選手がチームの盗塁王という結果は?あまり良い事ではないのである・・・。

4番が盗塁王=チャンスメーカーになってしまった結果と言える。


本来の1番打者である
田中広輔選手のケガや不振により大幅な数字減少を招いた結果である。


シーズン途中から
西川竜馬選手を1番打者となり
出塁率が安定した反面・・・本来の脚を絡めた野球が鳴りを潜めた結果
と言える。

西川竜馬選手が悪いのではない。
 1番打者タイプではないという事が書きたい
のである。


ちなみに、2018年のわが広島カープの盗塁数は?
チームで95
※セリーグ1位

2017年のわが広島カープの盗塁数は?
チームで112
である。※セリーグ1位


ここは、2020年のわが広島カープの課題は?
原点回帰の脚を絡めた野球
と言えるだろう。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
スポンサーリンク