スポンサーリンク

2020年02月29日

2軍でのフル出場でのショートか?1軍でのサードの可能性か?

さて、2020年シーズンの開幕に向かって
少しづつ、動きが出てきた
わが広島カープ。

注目の選手の1人が?
2年目を迎える小園海斗選手
である。

田中広輔選手が復調に兆し
=小園海斗選手は控え

というのが現状の位置づけ
である。

ここに来て
ピレラ選手のサードの守備不安があり
レフトでのテスト
(サード起用がメインらしいが・・・)

といった動きがあると昨日書いた。

で、小園海斗選手も
オープン戦ではあるが・・・打撃でのアピールに成功している。
2年目の進化および成長著しい選手
である。


プロ野球選手として
1軍でプレイしてナンボである。

 2軍でのフル出場でのショートか?1軍でのサードの可能性か?


と聞かれれば?
間違いなく

1軍でのサードでの出場の可能性を模索すべきだろう。

もちろんスタメンでの起用だけでなく
左の代打や代走といった役割も担う。

その中で、
田中広輔選手を実力で超えていく必要がある。

次世代の主力になる選手であり
ゆくゆくは、ショートのレギュラーになる選手ではあるが・・・。

このあたりの育成方針およびチーム事情で
だいぶ起用方法は考える必要があるのである。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小園海斗

2020年02月28日

佐々岡真司監督は、やはり手を打つようですね。

さて、ピレラ選手に対して、
先日下記の記事を書きましたが・・・。

http://momigi.sblo.jp/article/187180843.html?1582848493


佐々岡真司監督は、やはり手を打つようですね。

明日以降のオープン戦で
ピレラ選手をレフトでのテストを行うようですね?

実際、ピレラ選手を獲得の際には?
菊池涼介選手がメジャー挑戦の有事に備えての獲得

そんな経緯もありましたので
不慣れなサードでの起用を余儀なくされた。

そんな経緯もあるので
今時期に?

ピレラ選手をレフトでのテストを行うのは?
佐々岡真司監督としては当然
でしょうね。

あとファーストでの起用も可能か?
確認しておくべきなのは、当然
でしょう。

昨年の開幕時
松山竜平選手のファーストでのエラーなどで
チームのリズムが狂った現実
があります。

 同じミスは繰り返してはいけない・・・。

素人が考えるより、
ファーストの守備は重要
なのである・・・。

ただ、これにより
レフトのスタメン争いはより熾烈になってきます。

また、ここでも書きましたが・・・。


http://momigi.sblo.jp/article/187013893.html


2軍で調整中の
メヒア選手が逆転して開幕1軍という
可能性もありえます。

これにより、サードのスタメンの有力候補が?
安部友裕選手になるワケですが・・・。


場合によっては?※例年あまりないケースだが・・・。
緊急補強で、
外国人野手の獲得を検討する可能性もある
と言えるでしょう。

いずれにしても、明日以降の
ピレラ選手には注目しておきたい!!!

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 外国人選手

2020年02月27日

広島カープ 2020年 現状の課題は?

昨日、わが広島カープは?
2020年の春キャンプを打ち上げた。

で、あとは、オープン戦などの実戦あるのみ
※無観客試合となりますが・・・これは致し方ない。


で、2020年のわが広島カープの現状の課題は?

まず野手陣をみていく。

練習試合、紅白戦、オープン戦などの状況から
主力は、調整をしている感じがあり、
若手・中堅の選手が、アピールできている感じがある。

松山竜平選手が離脱した形だが・・・。

安部友裕、堂林翔太の両選手が?
チャンスをモノにしつつある。


開幕すると、ベツモノって話もあるが・・・。


しいて課題を挙げれば?
サードの守備でしょうね・・・。

このまま、ピレラ選手で行くのか?
あるいは、他の選手にするのか?

開幕に向けて、ここが最大の注目点ではなかろうか?


次、投手陣

まず先発投手陣

野村祐輔投手が戦線離脱してしまった形の先発投手陣だが・・・。
3番手以降は、流動的な感じである。

ドラフト1位ルーキーの森下暢仁投手が
即戦力として、
ほぼ当確の位置につけているのは、好材料。
※現状だと3番手になる可能性も十分である。

現状だと消去法的な感じも否めない・・・。
ここは課題と言えるだろう。

リリーフ陣は?

中村恭平投手が、「右腹直筋損傷」で
開幕は厳しそうだが・・・。


新外国人投手である
DJ.ジョンソン、スコットが結果を残した。

フランスア投手は状態次第
である。

勝ちパターンの1枚は?
DJ.ジョンソン投手が入り

スコット、フランスアのいずれかが入る形だろうか?

ひとまず、2枠が埋まりそう。

以降がどうなるか?
ここが課題か?


一岡竜司投手の復調
菊池保則、塹江敦哉といった
昨年活躍した投手は、アピールできた形だが・・・。


岡田明丈、矢崎拓也のドラフト1位コンビが
期待通りとはいってない感じか?


なんとかなりそうではあるが・・・。
現状では、まだ未確定要素が多く
昨年以上のリリーフ陣形成をしたいところである。

ここは先発投手陣より優先順位が高い
ように思える。

まーまだ1か月ぐらいありますので
一つ一つ課題をクリアして
2020年の開幕戦に臨んで欲しいものである!!!
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
スポンサーリンク