2016年05月08日

打線も素晴らしいが、中継ぎ陣の奮闘が光る

昨日は、4回途中で
わが広島カープの
エース黒田博樹が降板。

アクシデントか?
と心配しましたが
黒田博樹投手の調子が良くなかった
という事なので一安心。

で、昨シーズンや
4月のイメージでいけば
黒田博樹投手が降板・・・。

あー今日はダメかな?
と思うところですが
わが広島カープの中継ぎ陣の奮闘が光る。

ここ最近、
今村猛、戸田隆矢、ヘーゲンズの
3投手が奮闘し、
ゲームを壊さないのが大きい。

右矢印1ジャクソン、中ア翔太
の2投手への
勝ちパターンの形成は
今のチーム成績を物語る。

あとは、
この今村猛、戸田隆矢、ヘーゲンズの
3投手の負担を極力減らし
調子が落ちないように
ケアしていきたいですね。※連投を避けるなど。


もちろん、わが打線の調子が素晴らしい事は
大きいですが、こればかりはなんとも言えない。

相手投手のデキで
どうしても打てない時もありますので。

とはいえ、エルドレッド選手の
今シーズンの働きは頼もしすぎる。

あとは、先発の5・6番手が埋まれば
しばし、このままいけそうな感触ですね。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175207796
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク