スポンサーリンク

2017年06月21日

加藤拓也投手の起用法は2つ

さて、昨日の少し触れましたが・・・。

わが広島カープの
ドラフト1位ルーキー

加藤拓也投手について
少々、書いてみたい。


鮮烈のデビュー戦も・・・。
四死球が多く、結果自滅。

上記に伴い
2軍降格となりました。


とはいえ・・・加藤拓也投手が
登板した試合で
ほとんどヒットを打たれていないのも事実である。

むしろ、四死球の方が多い。

これ?逆ならな・・・って感じですが。


先日のセパ交流戦での
ソフトバンクホークスとの一戦では
9回に初リリーフ登板し、
素晴らしいピッチングを披露しました。


とはいえ・・・ランナーを貯めた大事な場面では
いささか不安である。

となれば?


加藤拓也投手の起用法は2つ

・第2先発としてのロングリリーフ。

・ビハインドゲームの回の頭からの中継ぎ。


ここが有力となりそう。


別目線・・・あれだけのストレートはプロでもそうそう打てない。

ビハインドゲームで
綺麗に3者連続三振を奪ったら?
右矢印1チームに逆転の勢いを与える存在になりうる

と私は思っている。


薮田和樹、九里亜蓮という
今季頑張っている投手も
コントロールに難がありましたが
だいぶ改善されてきました。


共通する部分で
ロングリリーフ(第2先発)として
結果を残し、最後の1枚に返り咲きのチャンスを待つ。


これが、加藤拓也投手の
仕事とも言えるかもしれませんね。


加藤拓也投手は、
大器なのは間違いないですが
プロは結果の世界。

ここからの逆襲。
修正を期待
したいですね(^^♪

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 矢崎拓也(加藤拓也)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180113243
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク