スポンサーリンク

2017年11月21日

望まれる左腕投手の台頭と2018年シーズンの競争枠

さて、わが広島カープの
秋季キャンプが本日最終日ですね?

で、先日は下記の記事を書きました。

http://momigi.sblo.jp/article/181515662.html?1511226067

↑2018年シーズンの中継ぎ陣についての
個人的な見解です。

で、チーム課題である左腕投手

ドラフト会議での指名は0でした。

新外国人投手が入るか?

あるいはトレードがあるか?
わかりませんが。。。

現状では内部競争が基本となります。


望まれる左腕投手の台頭がありますが。。。
現実的に考えて
2018年シーズンの望まれる左腕投手の競争枠は?
先発4〜5人の登録となり
6〜7人が中継ぎ候補となるワケです。

中ア翔太 
今村猛 
一岡竜司
中田廉
(ジャクソンもしくは新外国人投手)
の4〜5投手はほぼ当確も
不測の事態もありうる。

とすると?左腕投手の1軍登録枠は?
現実問題1〜2人の狭き門
です。
※先発は除く。

先発候補でもある
九里亜蓮投手が中継ぎ(ロングリリーフ)に入ってくると
入って1枚の形。※あるいは先発争いで脱落した投手

塹江敦哉投手が
秋季キャンプでアピールに成功
してますね。

4年目で1軍定着したいとこでしょう。

2017年シーズンに1軍デビューを果たした
高橋樹也投手もいますし

サイドスロー転向で
生き残りを賭けるオスカル投手もいます。

本来ならば
当確メンバーにいなければならない
戸田隆矢投手もいます。
高橋昂也投手は先発枠での競争とみて除外してます。

2018年シーズンは
この左腕投手の台頭が?

緒方監督を悩ませる飛躍を期待したいですね。

↑結果、3連覇の偉業&日本一がみえてくるというワケです(^^♪

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 高橋昂也
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181631698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク