スポンサーリンク

2017年12月12日

中村奨成選手に求めるのは?どのタイプ?

本日は、わが広島カープの2017年の
ドラフト1位ルーキー
中村奨成選手について
書こうと思います。

私が知っている高卒捕手で
ルーキーイヤーから1軍でプレイした選手と言えば?

・城島健司氏

・谷繁元信氏


ちょっと離れて。。。
・伊東勤氏

どうでしょう?球界屈指の捕手と呼ばれた選手3人。

では?
中村奨成選手に求めるのは?どのタイプ?

ファンが求めるのは?
⇒城島健司氏タイプ
でしょうね。

いわゆる強打の捕手。※打線破壊力が半端ないので。。。

3年目に3割15本も打ち正捕手へ。

ただ、ルーキーイヤーから
捕手適正に疑問が持たれた中で
首脳陣の我慢が必要な選手だった。

捕手ながら、
30本以上のホームランを放てる選手でしたね。
反面、晩年も守備面には課題があった。

次、谷繁元信氏
5年目に正捕手へ。
8年目に3割を打ちました。
その後2桁のホームランを放つシーズンも複数年あった。

ルーキーイヤーはキャッチング&リードなど
課題があったが晩年は捕手として安定感が光った。


最後、伊東勤氏
5年目に正捕手へ。

ルーキーイヤーから1軍で出場し
3年目ぐらいに頭角を現してきた。
打率こそ280がキャリアハイだが
俊足&勝負強さと長打を放つ捕手だった。

20年近く、正捕手を守り通した。



いずれの選手も
やはり3年〜5年の下積みがありつつ
1軍での空気に少しづつ慣れていった。。。

そんな感じでしょうかね。

で、私が?
中村奨成選手に求める捕手像は?

ベースは?
⇒伊東勤氏タイプ


この3捕手の中で
安定感はNO1だと思うので。

俊足な点も似ている。

もしくは、谷繁元信氏タイプですね。

長年、正捕手としてチームの扇の要になる選手。


加えて、城島健司氏のような
打撃力を披露してくれるようになれば?

これは文句のつけようがない選手というワケですね(笑ー)

で、私が妄想する
中村奨成選手のキャリア形成は?

1年目 2軍で正捕手の座を獲得。&1軍で30試合前後
2年目 1軍 80試合程度
3年目 1軍 100試合以上



5年目以降にわが広島カープの正捕手として。

後年。。。
わが広島カープ史上最高の捕手


そう呼ばれる選手へ。


という感じでしょうか?

2年目になる坂倉将吾選手との
ハイレベルなレギュラー争いがありますが
現時点では、中村奨成選手に対しては
こういった未来を妄想
したいですね。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中村奨成
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181821466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク