スポンサーリンク

2018年01月02日

セリーグの他球団の2018年の戦力を観ていく@

昨年もやりましたが、
年内にある程度の補強を終えてますので

キャンプイン前のゆる〜い戦力分析をしたいと思います。

わが広島カープについては
散々書いてますので

5回分けで(不定期)セリーグの他球団をみていきたい。

セリーグの他球団の2018年の戦力を観ていく@
第1回目は、阪神タイガースから。

大きな戦力補強とダウンは?

大きな戦力補強
右矢印14番候補のロサリオ選手を獲得しました。


大きな戦力ダウン
右矢印1大和選手が横浜DeNaに流出。


あとは、まだ未知な
ドラフト指名で入団するルーキー

新外国人投手(保険)

など。

既存戦力をみて

まず、わが広島カープと比べ
センターラインが脆弱。


打線は強化されるでしょうけど

大山悠輔選手がセカンドなら
シーズン通してはあまり怖くないチーム。


大和選手の流出は痛手でしょう。

次、投手陣

まずはリリーフ陣

正直、昨年は出来過ぎた中継ぎ陣
去年以上は見込めない・・・とみます。
※若い投手が出てくれば別ですが。基本戦力ダウンとみて良い。


一方、先発陣は、藤浪晋太郎と岩貞祐太の両投手は
昨年は、だいぶ期待を裏切った。。。
ここは+の可能性が高いでしょう。

本来の実力の半分でも戦力アップとなる。


あくまでペナントレース
という観点では3位争い程度のチームの印象。


大砲が1枚入ったところで
近代野球の根幹である

センターラインと勝ちパターン

には付け入る隙があり
下馬評は高くなりそうですが
2018年の阪神タイガースは
あまり怖くないかも
?しれない


と私は思うワケです。
2017年の巨人に近しいかもしれません。
  ↑昨年、当ててます。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ以外の球団
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182013757
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク