スポンサーリンク

2018年10月11日

2019年シーズンのわが広島カープの外野手

昨日に引き続き
気の早い話・・・第3弾

2019年シーズンのわが広島カープの野手陣の第2弾として
外野手をみていく。
※2018年のペナントレースの成績も踏まえて。(一言添えて)

丸佳浩:開幕直後、欠場したがキャリアハイ。チームの屋台骨

FA資格の権利を得た。
残留してくれると信じていますが・・・万が一の流出もある・・・。

FA移籍を決断した場合
2019年シーズンは、野間峻祥選手をセンターへ。

レフトは、引き続き競争枠
となる。

野間峻祥:今季ブレイクした。来季も継続できればホンモノ(勝負のシーズン)


鈴木誠也:キャリアハイ。4番として3割30本90打点を達成。
     足の不安がありつつ、よく頑張ってくれた。チームの顔


下水流昂:春先、貢献した。ベテラン選手になってくるが、本格化はこれから。

赤松真人:胃がんからの復活を目指し、来季も現役。
     来シーズンはラストチャンスかもしれない。
土生翔平:2軍ではそこそこの結果が出てるが、声が掛からなかった
     来季は30歳になる。正念場

以下、2019年の新戦力になってきて欲しい。

橋大樹:あまりチャンスがなかったが
     久しぶりに1軍でプレイした。そろそろ勝負の年

永井敦士:高卒2年目になる。ルーキーイヤー2軍での出場機会があった。
     次世代のレギュラー候補としての期待は大きい。
     ひとまず、2019年シーズンは1軍の顔見せを期待。


2019年の外野手陣は?

丸佳浩選手の去就次第ですね・・・。
仮に、流出なら?


センターは、野間峻祥選手
そして、下水流昂選手で穴を埋める。(守備の穴は最低限埋められる)

レフトは、併用ポジションであり(打撃の分)



西川龍馬(コンバートの可能性もあり)
バティスタ
エルドレッド
メヒア
堂林翔太

といった選手もおり、最小限になる可能性もある。
※松山竜平選手もFA移籍の可能性が0ではないので一旦外してます。

将来的な部分では?
次世代のセンターを任せられるプレイヤーは欲しい部分。

ドラフト1位入団の
橋大樹選手の覚醒に期待する形もあり。

2018年のドラフト会議では
3位以下指名で将来性のある
高校生の選手を指名する手
もあるし
投手で身体能力に優れる選手をセンタープレイヤーとして
野手転向という目線もあり。

焦って即戦力でなくて良いと思います。

二遊間の選手は、
比較的ユーティリティーなプレイヤーの可能性が高いので
野手の優先事項は、圧倒的に上
である。

私はそう思うワケです。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ 補強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184658589
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク