スポンサーリンク

2018年11月29日

悲願の日本一のために必要な補強

ふと。今更ながら思った事だが・・・。

なぜ?わが広島カープは
日本シリーズで
ソフトバンクホークスに敗れたのだろうか・・・?


たしかに、ソフトバンクホークスの
リリーフ投手のデキは素晴らしかった。

甲斐キャノンにより
武器である走塁(盗塁を封じられた)

ここまでは誰でも思いつく話である。

とはいえ、私は、戦力&選手層で大きく劣っていたとは思っていない・・・。。


で・・・私は、歴代の日本一になったチームを眺めていて
ある事に気が付いた・・・。


決定的な差があったのは?

日本一になった選手および監督及びコーチが不在という事
である。

たしかに、選手は伸び盛りの選手も多いが・・・。

反面、暗黒時代の長かった
わが広島カープには、日本一になった選手は皆無
である。


緒方監督をはじめ
コーチ陣にも、日本一の経験者が不在である・・・。

※日本シリーズ経験者も少ない(現役選手の方が多いぐらいである)

少々オカルト的な話だが・・・。

悲願の日本一のために必要な補強は?

「日本一の経験」という部分は
わが広島カープが補強すべきポイントなのではなかろうか?


コーチ陣の組閣は固まっている。

となれば?
日本一に貢献した経験のあるベテラン選手を獲得すべきではなかろうか?

と思うのである。


ここ10年で日本一になった球団は?

ソフトバンクホークス5回

巨人2回

北海道日本ハム1回

千葉ロッテマリーンズ1回

楽天イーグルス1回

である。

特に複数回の日本一の経験のある球団は?

ソフトバンクホークスと巨人の2球団
である。

【以下は妄想である】

で、現在の自由契約選手をみてみる。

ソフトバンクホークスでは
摂津正投手
五十嵐亮太投手

城所龍磨選手

という
日本一に貢献した経験を持つ
ベテラン選手の来季は不透明で
獲得する意味があるような気がするのである。

戦力になるという前提が必要だが・・・。

もちろん若手の出場機会を奪う可能性もあるし
わが広島カープらしくない補強案ではあるが・・・。

検討の余地はあるかも?
しれない。

1度の日本一をきっかけに
いわゆる常勝軍団になるケースは過去にもある。

リーグ3連覇だが・・・
もう1段上の黄金期に必要なピース

それが、日本一の経験である。

現実問題・・・支配下登録数の問題があるので
簡単にクリアできないかもしれないが・・・。

場合によっては?
巨人とソフトバンクホークスとのトレードはアリかも?
しれない。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ 補強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185095724
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク