スポンサーリンク

2019年01月13日

オープナーと1軍登録1人増

さて、新年が明け、約2週間

2019年シーズンに向けて
春のキャンプインが2月から始まり
徐々にシーズンの足音が聞こえてくる。

これは?わが広島カープだけの話ではないですが・・・。

個人的に2019年シーズンで注目している点が2つ

@1軍登録が29人になる

Aオープナー導入はあるか?

の2点
である。

まず
@1軍登録が29人になる事に関しては

わが広島カープには追い風だと思っている。

というのも
現時点でセリーグのリリーフ陣では
間違いなくNO1だという認識
でいる。

まず前日登板した先発投手のベンチ入りが不要になる。
※全球団共通だが。調整する日が1日多くなるメリットがある。

でもう1人投手をベンチ入りさせられるメリットがある。
※全球団共通だが。

昨シーズン同様なら?
先発5人とりリーフ8人を1軍登録可能

日曜日は、いわゆる競争枠の先発投手となり上記である。

中ア翔太、フランスア、一岡竜司

今村猛、岡田明丈(たぶんリリーフ転向)

に加えて、もう3人登録が可能である。
※昨年は2人だが、1人増えるとリリーフ陣の休養日も作りやすい。

先発5人を巡って争い
大瀬良大地、ジョンソン、野村祐輔の3人が当確
九里亜蓮投手が4人目が有力という状況

もう1人が誰になるか?で変わってくるが・・・。

最大で第2先発候補を3人ベンチ入りが可能になる。

で、ここに不随して・・・。


Aオープナー導入はあるか?
という事になる。


オープナーとは?
昨シーズンのメジャーで導入された
リリーフ投手が先発し、
短いイニングを複数の投手で1試合を任せる形である。

例えば?

わが広島カープで言えば?

中田廉投手や永川勝浩投手が先発し
早々に継投に入っていくパターン
である。


または、若手の次代の先発候補のリレーというパターンもありうる。

高橋昂也右矢印1中村祐太右矢印1高橋樹也

中村祐太右矢印1高橋昂也右矢印1矢崎拓也(加藤拓也)

とかも
あるかもしれない。

このあたりは、先発ローテーションに入った投手の状態および体調不良など
があった場合の
いわゆるプランB

あるいは育成プランとして活用できる可能性がある。

リーグ4連覇&悲願の日本一に向けて
わが広島カープの首脳陣には是非このあたりを
シュミレーションしてみて欲しいと考えている。


ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 08:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185374109
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク