スポンサーリンク

2019年03月22日

この1発で開幕1軍を決断したかも?

昨日は、ヤクルトスワローズとのオープン戦に臨んだ
わが広島カープ。

結果は7−7で引き分けに持ち込んだ一戦でしたが・・・。
多くのファンは、まー大敗だね・・・。

と思った一戦でしたが・・・。


3−7で迎えた
9回にドラマがありました。


坂倉省吾選手がヒットで塁に出て
1アウト1塁で
ルーキーの小園海斗選手に打席が回り
なんと?2ランが飛び出す。


高卒ルーキーで
オープン戦で2本の本塁打を放ったのは?
2006年の当時、高卒ルーキーだった
炭谷銀仁朗選手以来だとか・・・。



そして、この小園海斗選手の1発に
先輩選手にも、火がついた!!!!

堂林翔太、バティスタの両選手に連続でホームランが飛び出し
一気に7−7の同点に持ち込んだ。


やはり、若い選手の活躍は?
周りの選手に、大きな影響がありますね。

正直、小園海斗選手=ホームランのイメージは全くなかったのですが。
※高校通算38本塁打ではあるけど・・・。

この場面で、「1発狙っていた」という
高卒ルーキーらしからぬメンタル。

当初、2軍でじっくり育成と思っていた
と思われるわが広島カープ首脳陣も・・・。


この1発で開幕1軍を決断したかも?ですね。

もちろん過度な期待をしては酷なのは承知である。

だが、多くのわが広島カープファンにとって
次代を担うであろうスター選手は大歓迎である。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小園海斗
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185747941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク