スポンサーリンク

2019年04月24日

分岐点になりそうな一戦

さて、昨日より
中日ドラゴンズとの3連戦となった
わが広島カープ。

で、スタメン発表をみて・・・。
愕然いや、ビックリしたファンは多かったことだろう。

主砲の鈴木誠也選手欠場・・・。

プロ初先発のアドゥウ誠投手が
初回に失点するも、
7回2失点の好投でゲームを作ってくれました。


3−2でサヨナラ勝ち!!!

鈴木誠也選手欠場も5連勝!!!

となりました。

まず、試合を振り返る

なんとも破壊力のない打線で
スタートしたワケですが・・・。

初回にタナキクコンビが
出塁し、チャンスメークすると?

3番に入った長野久義選手が犠牲フライで
先制。※今シーズンこうゆう先制が少なかったので驚いた。

2回には、スタメン起用された
磯村嘉孝選手に1発が飛び出し
序盤2点を奪いました。

その後は、大野雄大投手を打ち崩せない
厳しい流れでした。

されど、9回裏ドラマがありましたね。
1アウト満塁となり・・・。

ここで、代打、鈴木誠也選手やろ?

と思いましたが・・・。

緒方監督は、
鈴木誠也選手を完全休養させましたね・・・。
※今日も欠場の可能性ありそうですね。

よほど、状態良くないのでしょう・・・。


ですが、そんなチームの危機を救ったのが
スタメン起用された
ベテラン小窪哲也選手
でしたね。

サヨナラ打が出て、ナイン一丸で
掴み取った勝利!!!


となった。

2019年シーズン
開幕ダッシュに失敗し、
苦戦を強いられているわが広島カープ。

更に、主砲の鈴木誠也選手まで欠く
この厳しい流れで、勝てた昨日の試合は?


2019年シーズンが終わった時
分岐点になりそうな一戦
でしたね。

強いチームとは?

誰が欠けても
言い訳なく勝てるチームである。


そういった意味で

昨年まで、個々の役割をきっちり果たし
勝利をもぎ取ってきたチームである。


間違いなく
今のセリーグ王者であり、個々の選手の意地をみた一戦だったと思う。

本来のわが広島カープらしい野球だった

と言えるかもしれない。

本日は、野村祐輔投手が先発予定。
きっちりゲームを作ってくれる事を期待し、6連勝!!!

といきたい。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 鈴木誠也
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185903666
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク