スポンサーリンク

2019年08月27日

大学・社会人投手の1位指名の可能性もありそう

さて、本日から大一番の巨人との3連戦。

頑張って欲しい。

で、今日は?
わが広島カープの2019年のドラフト会議に向けての話を書きたい。


以前、下記の記事を書きましたが・・・。

http://momigi.sblo.jp/article/186155161.html?1566861464


状況が変わってきた・・・。

どの指名候補か?の前に
現状を確認する。


まず投手陣からみていく。

現在の先発陣
大瀬良大地、ジョンソン、床田寛樹、九里亜蓮

野村祐輔の5投手


で、あと1枚は競争枠という構成である。

ここで、野村祐輔投手は国内FA資格を取得した。
最悪の可能性も想定が必要。

2軍メンバーでは?

アドゥワ誠:先発候補でもあるが、リリーフの方が良いか?適正を探る時期に来ている。
薮田和樹:まだ良かった時には戻ってない・・・。
ローレンス:来季はないか・・・?
山口翔:1軍デビューするも、まだ厳しそう
ケムナ誠:強調材料がない・・・。
モンティージャ:1軍デビューするも、まだ厳しそう

上記の投手が来季は計算できるか?不明だし
リリーフ転向もある。

あとは手術明けにはなるが?
高橋昂也投手ぐらいか?

2019年のドラフト会議での
補強ポイントである。




次、リリーフ陣

現在の陣容

フランスア、レグナルト(来季微妙)
菊池 保則、中ア翔太、中村恭平、一岡竜司、遠藤淳志、島内颯太郎、今村猛

量は悪くない・・・。

ただ、勝ちパターン形成の再構築を求められる状況

リーグ3連覇に貢献した
中ア翔太、一岡竜司、今村猛といった投手に勤続疲労がみられる。

当然、巻き返してくれる可能性もあるが(復調を期待したいが・・・)


次、2軍メンバーをみてみる。

塹江敦哉:現在1軍だが・・・結果は出てない。

藤井皓哉:ファームの成績をみると、抜群だが、1軍だと結果が出てない。
※今季、そろそろ声が掛かりそう。

平岡敬人
矢崎拓也
メナ
ヘルウェグ:来季はいない感じか?
高橋樹也:先発経験もあるが、適正をみる時期
岡田明丈:先発経験もあるが、適正をみる時期
戸田隆矢:先発経験もあるが、適正をみる時期
中田廉
長井良太

他の投手も含め、1枚は即戦力候補が欲しいところである。

基本、数年かけて
1軍戦力という方針だが、
2019年のドラフト会議では?


あえて高校BIG2とも言える
佐々木朗希、奥川恭伸の両投手がいるものの

松田オーナーは佐々木朗希投手推し
苑田スカウト部長は奥川恭伸投手推し


という話がありますが・・・。

上位指名(1位指名2位指名)は
大学・社会人投手の可能性もありそう。


候補については現在調査中なので
また改めて書きたい
と思ってます♪


また、2019年のドラフト会議では
投手の方が有力候補が多い年とみられており
基本的には、投手指名が多くなりそうである。
※野手も補強ポイントは当然あるが・・・今年に関しては、後回しになりそう。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186476565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク