スポンサーリンク

2019年08月29日

逆転優勝の目は、ほぼ費えた・・・だが日本一へのルートは残っている

昨日は、巨人との2戦目に臨んだ
わが広島カープ。

結果は?
2−6で敗戦・・・。

先発の野村祐輔投手が5回4失点でした。

一昨日のジョンソン投手同様
ファアボールが多かったですが、

坂本勇人、丸佳浩の両選手を明らかに怖がってましたね。
同じファアボールでも、ジョンソン投手と違うのは?
勝負にいってなかった感じ
がありました。

なんとか4回まで無失点でしたが・・・。

・・・捕まりそう。

そんな印象でした。

6回に
菊池保則投手が亀井選手に1発を浴びましたが・・・。
ここは責められないな・・・2019年のリリーフ陣で貢献度が高いので。

その後も得点を奪えず・・・。

ペナントレースでの
逆転優勝の目は、ほぼ費えた・・・そんな試合になってしまった。



とはいえ、現状のルールでは?
日本一へのルートは残っている・・・。


CSファイナルまで行き、下剋上という方法である。

実際、わが広島カープも
横浜DeNaに敗戦し、日本シリーズ進出を逃した。

で、対戦成績が示す通り

巨人と横浜DeNaなら?

圧倒的に

巨人>>>>>>>横浜DeNa

の方が戦いやすい。

※1勝アドバンテージがあっても。


つまりは、横浜DeNaとのクライマックスシリーズの
ファーストステージが最大の難所

できれば?

ホームのマツダスタジアムで戦いたい・・・。

2位と3位では結構差があると言える。


そういった意味では
昨日の敗戦により・・・。

今日より、明日以降の横浜DeNa戦の優先度が高くなったと言える。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186487459
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク