スポンサーリンク

2019年10月06日

たしかに、この3投手は素晴らしい逸材だと思うが・・・。

さて、来季は?
佐々岡真司新監督が指揮を執る方向になり

10月17日の
2019年のドラフト会議が迫っており
わが広島カープのスカウト会議が行われた。


で、ドラフト1位候補は?

2019年のBIG3
佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、森下暢仁投手の3人の中から
1位指名を行う方針が確認されたそうな・・・。


たしかに、この3投手は素晴らしい逸材だと思うが・・・。


だが・・・わが広島カープは?
FAでの流失の可能性も懸念した
ドラフトを行うべきではなかろうか?


大した引き留め策を講じないのであれば・・・


いちカープファンの私としては
一貫して

西純矢投手 (創志学園)を推している。(1本釣りすべきである)
※2年の時点で。


多くのカープファンも
地元のスター候補生の1位指名を望んでいる声も多いように思う。


こうゆう選手は、応援したくなるものである。

しかも、西純矢投手は、カープファンである。


たしかに、現時点では?
佐々木朗希投手、奥川恭伸投手、森下暢仁投手の3投手より
評価や実力は下かも?しれない・・・。

だが、わが広島カープは、西純矢投手のような選手を育成して
強くなってきたチームではないのか???


新指揮官となる
佐々岡真司新監督も、ドラフト時は
同様な感じの評価ではなかっただろうか?


そして、過去のドラフトを振り返っても?

2016年のドラフト会議にて・・・。
田中正義投手に特攻し

地元出身の山岡泰輔投手を逃した・・・。
※初回入札しても、抽選で外した可能性もあるが・・・。

みすみす先発ローテーションに入れる
地元出身の即戦力候補を逃した・・・。


またこの年は?
堀瑞輝投手もいた(まだ、そこまでブレイクしてないが・・・)


その反省もあったのか?
2017年は、地元のスター候補生である
中村奨成選手を1位指名した。
※ケガがあり、苦しんではいるが・・・。

↑私は、これに関して、失敗だとも思わないし、応援したい!!!
としか思わない。

そもそも、今の主力選手で
ドラフト時に目玉候補だったのは?

大瀬良大地投手ぐらいではなかろうか?


監督人事も含め・・・。
良くも悪くも、ファンの声は軽視されている感が否めない・・・。


煙幕なら、大したものだが・・・。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186651069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク