スポンサーリンク

2019年10月15日

2019年のドラフト会議では、捕手の指名はなし!!!かな?

さて、2019年のドラフト会議が迫ってきている。
わが広島カープは?

今年は1位指名選手は公表しない方針

のようですね。

=相当悩んでいるという事なのでしょう。

で、別目線で個人的に思っているのは?

2019年のドラフト候補には
捕手の指名候補が多い年ではあるが・・・。


右矢印12019年のドラフト会議では、捕手の指名はなし!!!かな?

という事。

先日、正捕手である
會澤翼選手がわが広島カープへの残留を決めてくれた。


現在のわが広島カープの捕手陣は?

大ベテランの石原慶幸選手
坂倉将吾、磯村嘉孝の両選手に加えて

来季3年目の中村奨成選手
船越涼太、白濱裕太の7選手いる。

今オフは、會澤翼選手がFA流出の可能性があっただけに・・・。
船越涼太、白濱裕太の両選手を残したと推察できる。


=2軍での出場機会も担保できそうにない


可能性があれば?

強打タイプの捕手候補で
外野手等へのコンバート目線の指名はあるかも?

しれないが・・・。

わが広島カープにとって
優先度は低いかもしれない・・・。


現在、秋季キャンプ中で
様々な選手が?

本職でないポジションの練習を行い
選手起用への幅を広げようという目線が
佐々岡真司新監督にあるように思える。

裏を返せば?
サードに絶対的な選手不在であり・・・。

そこの部分を複数の選手で再度競争
そういった目線があるように思える。


野手指名があれば?
手薄な内野手の指名となるのではなかろうか?



また、現場サイドが求める即戦力投手だが・・・。
2019年のドラフト会議の
戦前はあまり多くないような印象
である。


まだ1位指名候補を決めかねている(直前まで、議論しそう)
との事だが、過去のわが広島カープのドラフト会議の
指名傾向から読み解けば?

2位指名入団選手も、1位指名入団選手と同じぐらい
活躍傾向にある・・・。
=スカウトの能力の高さとも言える。

さて、わが広島カープの2019年のドラフト会議では?
どんな選手を指名してくるのだろうか?

また、ここ数年は、みられないが・・・?
サプライズ指名(隠し玉)はいるのか?

運命の10月17日は?
注目
である!!!
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラフト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186684204
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク