スポンサーリンク

2019年10月20日

2019年のわが広島カープの野手陣の契約更改を妄想してみよう。

さて、ドラフト会議も終わり
ひと段落した。

2019年のわが広島カープの契約更改を妄想してみよう。

先日の続き

http://momigi.sblo.jp/article/186680343.html?1571532217

↑は投手陣だったので


2019年のわが広島カープの野手陣の契約更改を妄想してみよう。

曽根 海成
700万円右矢印11000万円
※プロ入り後最も1軍で出場したが、1軍最低保証年俸までは届かないかな?

上本 崇司
1000万円右矢印1900万円
やむなし。

右矢印1戦力外へ


鈴木 誠也
1億6000万円右矢印12億4000万円(3億円でも良いぐらい)

初の首位打者獲得&主砲として
チームをけん引した。

4位にはなったが・・・野手最高査定であるべき。

田中 広輔
1億8000万円右矢印11億6000万円

正直もっとダウンでも致し方ない成績
されど、来オフのFA資格&3年間の実績を鑑み
このあたりか?

また、引き留め目線なら?ここらでの

3年契約
現状維持+出来高という目線も悪くないが・・・。

小窪 哲也
3100万円右矢印13400万円

ここ数年では一番出場機会があった。
ここぐらいまでか?


長野 久義
2億2000万円右矢印12億円+出来高

終盤に活躍するも、シーズンを通すとワーストだった。
FA資格があり、残留交渉中で
大幅には下げられないか?

安部 友裕
4100万円右矢印14600万円

良い活躍のあった試合もあるが・・・。
シーズンでみると?昨年のダウンを取り戻す程度までか?

堂林 翔太
1600万円右矢印11400万円

なかなか声が掛からない不運もあったが・・・。
出場数がここ最近ではワースト。

やむなし・・・。

岩本 貴裕
1000万円右矢印1現役引退

お疲れ様でした。

中村 奨成
800万円右矢印1750万円

春先のケガもあり、不運だったが・・・。
やむなし。

會澤 翼
9200万円右矢印13年契約 2億円+出来高で契約合意


正捕手&選手会長としてチームをけん引
勝負強い打撃も魅せた。

残留してくれてありがとう。


石原 慶幸
7000万円右矢印16000万円

ジョンソン投手の専属捕手としての役割だが
出場機会を他の選手に譲っている形。

致し方ないか・・・?


白濱 裕太
650万円右矢印1600万円

今季は1軍での出場なし。
やむなし・・・。


今日はここまで。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 契約更改
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186702492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク