スポンサーリンク

2019年10月28日

2020シーズンのわが広島カープのリリーフ陣を妄想する

さて、先日は?

2020シーズンのわが広島カープの先発陣を妄想した

http://momigi.sblo.jp/article/186719271.html


そして、野村祐輔投手が残留を決断してくれた。
これにて、あとは内部競争になるであろう。

今日は?
2020シーズンのわが広島カープのリリーフ陣を妄想する

まず、横山竜士氏が
来季から1軍投手コーチに就任が決定した。

&先日、新外国人投手
DJ・ジョンソン投手を獲得した。

支配下登録数も鑑みると、
わが広島カープは、ほぼ補強完了
とみて良いだろう。
※あればトレードだが・・・。

1軍の投手登録数は?12人(もしくは11人)
先発⇒抹消のパターンなども含めても
ベンチ入りは?7〜8人

まず、リリーフ陣で
確定しているのは?

フランスア投手。


現時点でクローザーは流動的であり、
守護神なのか?セットアッパーなのか?
一旦、競争の形にはなるが・・・。

ここの1枠は、確定だろう。
=外国人枠1人も確定


勝ちパターンの投手をどうするか?

候補を羅列してみる。

実績組

中ア 翔太、一岡 竜司、今村 猛

昨年活躍組

中村 恭平、菊池 保則
※遠藤 淳志投手は、ひとまず先発転向の目線。


この6人が額面通りなら、有力組になりそうだが・・・。
復調するのか?

昨年の疲れはどうか?
まだ、不明であり・・・中堅・若手組にもチャンスあり。

2年目となる
島内 颯太郎

中堅組
塹江 敦哉、矢崎 拓也、中田 廉、戸田 隆矢、高橋 樹也、藤井 皓哉

若手
平岡 敬人、田中 法彦、

外国人選手
DJ・ジョンソン

レグナルト、ヘルウェグの両投手は一旦外して考える。

更に先発候補からリリーフに回るパターンも考えられる。

岡田明丈、薮田和樹、モンティージャ
アドゥワ誠、遠藤 淳志
山口翔、中村祐太、ケムナ誠、高橋昂也


2019年の秋季キャンプが
11月2日から始まる。

佐々岡真司新監督となり・・・。
評価は、一旦フラットな状態になる。

投手防御率2点台を目指す上で
鉄壁のリリーフ陣を作れる土台は十分
と言えるだろう。

ソフトバンクホークスより
上のリリーフ陣形成が
わが広島カープの悲願の日本一への命題で
ある。

開幕1軍入りはもちろん
シーズン中もハイレベルの競争を期待したい。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186735646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク