2019年12月11日

森下暢仁投手のルーキーイヤーを妄想

さて、本日は?
「将来的なメジャー挑戦希望」の発言を入団会見で行った
わが広島カープのドラフト1位入団の
森下暢仁投手の
2020年のルーキーイヤーを妄想してみたい!!


まず、第1前提として
1年間先発ローテーションで回ってくれる


という期待値である。

で、即戦力という前提で
近年の歴代の大卒投手の成績を調べてみる。

以下は、新人王に輝いた大卒投手の成績である。

上原浩治 20勝4敗 防御率2.09

川上憲伸 14勝6敗 防御率2.57

小川泰弘 16勝4敗 防御率2.93

則本昂大 15勝8敗 防御率3.34


上原浩治氏は、かなり例外な成績である・・・。

私の森下暢仁投手への期待値は?

まず、ルーキーイヤーで14勝以上とかなりハードルを高めにしてみる。

完成度の高さを含め。
背番号18を背負う投手として、過剰な期待ではな
いと
私は思っている。


更に、わが広島カープの歴代の大卒投手では?

大瀬良大地投手が
10勝8敗 防御率4.05で新人王

野村祐輔投手が
9勝11敗 防御率1.98で新人王


というか・・・これだけ登板して
防御率1点台って、
勝敗より凄い成績である・・・。


澤崎俊和2軍投手コーチは?
新人王に輝き

12勝8敗 防御率3.74

という数字を残している。

(参考までに)
後に、200勝となり、レジェンドとなった
黒田博樹氏は?

6勝9敗 防御率4:40という数字だった。
※荒削りだった点から、あくまで参考。


さて、まとめると?
ケガなく1年間先発ローテーションを守り
25試合 10勝以上 防御率3点台以上が最低ラインか?
=新人王


このあたりが?
わが広島カープのドラフト1位入団の
森下暢仁投手の
2020年のルーキーイヤーの成績を期待したいところである。

現時点では?
プロで1球も投げてないが・・・。
上記に挙げた
過去の大卒投手のドラフト時と比べても
遜色ないレベルだと私は思っている・・・。


ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森下暢仁
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186906659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク