スポンサーリンク

2019年12月15日

競争激化が予想される外野手陣

さて、2019年も残り僅かになってきました。

契約更改の時期で
完全なオフシーズンに入ってきている。

で、2019年シーズン前は?
FA移籍した
ポスト丸佳浩選手に誰が入るか?

注目されていました。

で、このチャンスを掴んだのが?
西川竜馬選手でしたね。


戦前、野間峻祥選手がセンターが有力視されていたが・・・。

緩慢な走塁及び打撃不振からの
緒方監督の鉄拳制裁問題

と立場が完全に入れ替わった形である。

ライト&センターは(西川竜馬&鈴木誠也)
よほどの事がない限り固定される。

もちろん守備力で上回る選手がセンター
西川竜馬選手がレフトという可能性もあるが・・・。

また1軍登録される外野手は?多くて6人まで

残りの1軍枠は最大4人である。

現時点で、わが広島カープの外野手の選手にとって
食い込む余地があるのは?レフトのみ
である。



 わが広島カープの2020年のレフトは?

 どの選手がチャンスを掴むのか?


現時点で羅列してみる。

野間峻祥、安部友裕、長野久義、坂倉将吾

この4選手が有力候補
か?

安部友裕選手はサードやファーストの可能性もあるが・・・。
正直、内野での守備力に疑問がある。

頑なに、守備固めで起用されるケースもあったが???
な印象だった。(=守備固めになってない)

むしろ守備固めが必要な選手な印象すらあるが・・・。

外野手転向の方が合っているかも?しれない。
※秋季キャンプで練習していたし。

で、この後を追う第2グループ

堂林翔太、橋大樹、正隨優弥の3選手がいて

ここに、ドラフト2位ルーキーの
宇草孔基選手が加わる形か?

そしてダークホース的な存在なのが?
大盛穂、永井敦士
といった選手である。


この中で、他のポジションもこなす選手が
安部友裕、堂林翔太、坂倉将吾といった選手は
内野手および捕手としても競争が可能である。

こう書いてみると?外野手専任で1軍枠に入れる選手は?
1人もしくは2人まで

2019年シーズンより競争激化が予想される外野手陣
と言えるだろう。

現時点で
野間峻祥、長野久義の両選手がリードしているが?
他の選手にもチャンスはある。

最終的にどの選手が?レフトでのレギュラーを掴むのか?
2020年のわが広島カープの注目点
と言えるだろう。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ 補強
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186920609
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク