スポンサーリンク

2020年01月08日

次なる大きな転換期は、2021年オフ

さて、2019年のシーズンオフ
わが広島カープにとって
FA資格を得た選手が多く
大きな転換期を迎える可能性が高かった・・・。


特に、菊池涼介選手の残留は?
中長期的にみて、かなりプラン変更(良い方に)
となった。

当初、メジャー挑戦するだろう・・・。
※最悪、国内FA移籍の可能性もあった。

だが、メジャー市場の状況もあり、
菊池涼介選手は?
メジャー挑戦を断念し、わが広島カープでのプレイを選択してくれた。

さて、ここ数年
次世代の二遊間の補強&育成の必要性があったが・・・。

これにより、かなりの時間を稼げた形になった。


もちろん毎年
FA資格を得る選手は出てくるワケだが・・・。

2020年オフは?
田中広輔選手と今村猛投手が権利を得る。


次の大きな転換期を迎える可能性があるのが?
2021年オフ

大瀬良大地投手を含め
九里亜蓮、中崎翔太、一岡竜司投手が権利を得る。


更に、2022年オフに国内FA資格を得るのが?
主砲である鈴木誠也選手。


メジャー挑戦への希望を口にしている事や
プレミア12での大活躍は周知の通りである。

そして侍ジャパンの主砲として
出場するであろう東京五輪での活躍も見込まれ

そうなると?

現行制度上・・・ポスティングシステムで1年前倒しの可能性がある。

2021年オフは?
投打の主力が流出の危機
である・・・。

ここは、ドラフト戦略にも大きな影響があるだろう。

わが広島カープの次世代の和製大砲候補は?

林晃汰選手ぐらいであり
ドラフト候補次第ではあるが・・・。

補強ポイントになってきそうな印象である。


ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | FA
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187009533
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク