スポンサーリンク

2020年01月10日

あえて?2020年のわが広島カープの死角を考えてみる。

さて、2020年のわが広島カープのV奪還
&悲願の日本一を期待してやまない私だが・・・。

ここ近年では?
久々の大きな戦力ダウンはなく
臨めるシーズンである。(想定外の最高の形)



あえて?2020年のわが広島カープの死角を考えてみる。

@佐々岡真司新監督の手腕

新監督としての始めて臨むシーズンである。
また監督としての手腕も未知である。

2019年シーズンは・・・申し訳ないが?
緒方監督の采配で落とした試合が多かった・・・。


マネージメント&ベンチワーク含め

Aジョンソン投手の年齢的な衰えは出てくるのか?

長年チームを引っ張ってきれたエースだが
30代後半に差し掛かってくる。

またここ数年、不調な時期などが出てきている。
※昨年は4月だけだったが・・・。

2桁勝利が当たり前な投手だが・・・。
少し期待値を下げておく必要がある。(7勝はするだろうとか?)

Bフランスア投手の勤続疲労

2年続けて、かなりの登板数を誇った。
昨年は初のフルシーズンだったが・・・。
後半調子を落としていた時期があった。

若い投手ではあるが・・・。

やはりリスクマネジメントは必要
になってくる。

C東京五輪の影響

各球団共通のお題だが・・・。
侍ジャパンへの選出選手も含め、
開幕戦の前倒し&中断期間があり
例年より調整が難しいシーズンである。

ここの対策をきちんと考えてシーズンに臨むべきである。

この4点ぐらいでしょうかね?

総合的にみて・・・。
※昨年、不調だった選手の復調や若手の成長も含め

わが広島カープは?

投打共に、2019年シーズンより
上のチームだと認識
しているので


http://momigi.sblo.jp/article/187005764.html


↑のような記事になると思っている。

まずは、春キャンプを順調にクリアして
シーズンに臨んでくれるを期待したい!!!
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187017500
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク