スポンサーリンク

2020年09月25日

わが広島カープの2020年シーズン 残り40試合をどう使うか?考えてみる。

さて、昨日は?
休養日となったわが広島カープ。

残り40試合となったところで・・・。

2020年は、終戦という状況になった
わが広島カープ。



で、わが広島カープの2020年シーズン
残り40試合をどう使うか?考えてみる。


勝敗よりも・・・モチベーションを保ち、ケガ人を出さない
この2つ。



そして、一番の肝は?
2021年シーズン以降への種まき。


@個人タイトル

可能性があるのは?

@−1鈴木誠也選手のホームラン王
※4本差

あとは?

@−2森下 暢仁投手の新人王
※僅差

この2つぐらいだろうか?

@−1鈴木誠也選手のホームラン王を支援する上で・・・。
できれば1打席でも多く回したい。


であれば?
2番もしくは3番起用にして
チームとして、援護してはどうだろうか?


代役の4番には?
堂林翔太、松山竜平のいずれかで良いだろう。

またファームで4番を打っている
林晃汰選手を加えてもいい。(数試合、結果は問わない。)


脚の状態もあるので・・・
場合によっては、休養もあり。

正直、鈴木誠也選手は
タイトルには興味ないかもしれないが・・・。

もはや、優勝がないチームにおいて
何か?チームとしての目先のわかりやすい努力目標が必要だ。


チームメイトからも
ホームラン王になってくれ!!!


と支援されるなら?イキに感じる事だろう。

=結果、勝ちに繋がる可能性もある。


@−2森下 暢仁投手の新人王

中5日での起用はしない。
中6日以上を守ってやる。

他の投手にしわ寄せが行く可能性もあるが・・・。
どのみち、谷間や競争枠のチャレンジ枠といった日は必要になる。

ならば?
森下暢仁投手を優先で考える形。


とはいえ、新人王のタイトルよりもケガさせない事が重要である。
(書いていて寂しくなるが・・・これが現実である)



次、捕手

會澤翼選手の戦線離脱となった・・・。

坂倉省吾選手に経験を積ませる方針(これは現状のままで良い)

ここに、中村奨成選手も加えて、
この次世代の正捕手候補の競争を煽る。



内野手
田中広輔、菊池涼介の調子が上がってきたが・・・。

今季は、まだ声の掛かっていない
小園海斗選手などにチャンスを与える(サード起用もあり)
※モチベーションが心配なので。


外野手

宇草孔基選手にチャンスを与える。(数試合、結果は問わない。)

鈴木誠也選手の休養日やレフト起用など
1軍での経験を積ませる。


次、投手陣
先発は、ここまで結果が出せなかった・・・。
ジョンソン、床田寛樹、薮田和樹以外で


競争枠を2日作る。(結果次第で次回再度チャンス。ダメなら他の投手)

1軍のリリーフ陣からは?
ケムナ誠投手、あたりに
チャンスを与えるのも良い
でしょう。

島内颯太郎投手は、最近打たれる試合が増えてきたが・・・。
初先発のチャンスを与えるのも良い
でしょう。

あとは、2軍にいる
若手投手で先発タイプを順番でいい。



リリーフ陣

4連投禁止、イニングまたぎ禁止(敗戦処理、若手除く)

※故障防止策。

大型連勝とか、あまり想像できないけど・・・。


あとは、田中法彦投手は1回上で使ってみましょう。

打たれてしまうかもしれないが・・・数試合、結果は問わない。
※経験を積ませる。

あとは?
高橋昂也投手を久々に1軍マウンドで観たいですね。
※リハビリ頑張ってきたご褒美で。

とかですかね・・・。


たぶん、ファンは?

 なにか来季に向けて、光がみたい・・・。

 それは?新たな主役候補だったり、逸材だったり・・・。

 チームとしての方向性だったり・・・。



申し訳ないが・・・今季は首脳陣の判断ミスで
こんな状況になっているので・・・。

 なんでも良いから、希望を与えて欲しいものである・・・。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 08:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187959400
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク