2020年11月28日

厳しい査定が続いている・・・。

2020年シーズンは、
わが広島カープにとって厳しい結果だったが・・・。

オフの契約更改でも
同様な厳しい査定が続いている・・・。


ここ数日の契約更改では?

藤井黎來 450右矢印1 500 (△50アップ)

育成右矢印1支配下という事で、妥当な評価か?


中田廉  2300右矢印12300 (現状維持)


ここ数年では最も登板数は多かったが・・・。
敗戦処理を脱却できるほどの投球は披露できなかったが
故障者が多い中、貢献してくれた。

微増しても良かった気もするが・・・。
ここ近年の状況を鑑みると?
むしろ契約を勝ち取ったとみるべきか?


以前のような満塁右矢印1無失点

みたいな役割を来季は期待したい。

で、不可解なのが?

宇草孔基  1200右矢印11100 (▼100ダウン)

・・・なんで???(理由がわからない・・・)


1軍でプレイして結果を残して
期待料の微増もしくは現状維持ではないのか?

という印象。

ここから、大幅ダウン組

中崎翔太  14300右矢印18700 (▼5800ダウン)

今村猛   8000右矢印160000 (▼2000ダウン)

一岡竜司  7300右矢印15600 (▼1700ダウン)


・・・致し方ないけど
厳しい査定だな・・・。


せめて、功労者なので
出来高ぐらいはつけてやって欲しいかな。

たしかに、この3投手が本来の実力を発揮できていれば?
5位なんてありえない。

そうゆう投手だと思うので・・・。

来季はこの3投手の意地を観たいですね。



岡田明丈  4400右矢印13300 (▼1100ダウン)

アドゥワ 誠 2200右矢印11650 (▼550ダウン)

致し方ない・・・妥当
限界ギリギリ。


岡田明丈投手は先発として
再度輝けるか?

アドゥワ誠投手は、

手術明けですが
球種が少ないので、先発より
リリーフでどうか?ですね・・・。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 11:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 契約更改
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188166708
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク