2020年12月05日

背番号11&アップ査定

さて、昨日の2020年の
わが広島カープの契約更改について。

アップ組
九里亜蓮  

年俸7200右矢印18700万円 (△1500万円増)



背番号11への変更。
&アップ査定

 1億円には届かずも・・・。
 5位だったという点を鑑みると?
 良い評価ではなかろうか?

春先は、振るわなかったが・・・。
1年間ローテーションを守り
初の投球回数クリア

来季は、エース級の活躍を・・・。

もう2桁以上という期待値である。
例年、競争枠の投手だが・・・。

いい加減、恒例行事にはしてはいけない投手。


正隨優弥  

年俸700右矢印1750万円  (△50万円増)

和製大砲候補
まずは右の代打から

羽月隆太郎 

年俸500右矢印1700万円  (△200万円増)

1軍デビューした
将来性を感じさせる活躍だった。


木下元秀  

年俸240右矢印1270万円  (△30万円増)

長打力を磨いて
来年は支配下契約を勝ち取って欲しい。



ダウン組

永井敦士  

年俸500右矢印1450万円  (▼50万円減)

そろそろ頭角を現して欲しい選手だが・・・。
※個人的には、結構期待している選手なので。

ここのところ
ダウン組が多い契約更改でしたが
昨日は、アップ組みの契約更改でしたね。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 九里亜蓮
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188190261
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク