2021年01月19日

優勝するようなチームの守護神や勝ちパターンを担う投手ならば?

さて、春キャンプ前
2021年の開幕に向けて、
わが広島カープの戦力を勝手に棚卸しているワケだが・・・。


2020年同様に課題は?
勝ちパターン形成である。



先日、守護神の最有力候補の
フランスア投手が
新型コロナウィルス感染で、来日予定が立たない・・・。


という事が確定した。


では?2021年のわが広島のリリーフ陣は、
現在、どうゆう構図になっているのか?

まず、昨年の活躍組をみてみる。


菊池保則、塹江敦哉、ケムナ誠、島内颯太郎の4投手。

夏場など頑張ってくれたが・・・終盤、疲れなどがあって
防御率は4点台前後


優勝するようなチームの守護神や勝ちパターンを担う投手ならば?
防御率は2点台が必要
である。

ちなみに、昨年のわが広島カープで
防御率は2点台だったの?

フランスア投手のみ
である・・・。

菊池保則、塹江敦哉、ケムナ誠、島内颯太郎の4投手は
現時点では?開幕1軍有力候補であり、

ひとまず、
2021年シーズンは?登板数を維持し、
防御率を3点台前半を求めたい。



ここに、実績組である
中ア翔太、今村猛、一岡竜司の3投手がどこまで復調するのか?

というのが
2021年のリリーフ陣の既存の戦力の話
である。

現時点で、フランスア投手の代役候補は未定である・・・。

明日以降は、
わが広島カープの
新戦力(若手の底明け含む)のリリーフ候補をみていきたい♪
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188321405
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク