スポンサーリンク

2020年05月14日

楽天イーグルスとの間で再度トレードがあるのではなかろうか?

さて、今日は、
わが広島カープのトレードについて妄想してみたい♪

昨年は?わが広島カープは
トレードを2件行いました。

いずれも、楽天イーグルスとのトレードとなりましたが・・・。

菊池保則、三好匠

という2選手獲得
しました。

2選手共に、必要な戦力になってくれている現実がある。

片や、わが広島カープから放出した
福井優也、下水流昂の両選手も、1軍での出場機会を得た。

双方にとっても
良いトレードになったと言えるのではなかろうか?



少々短絡的な妄想にはなるが・・・。

成功例がある
楽天イーグルスとの間で再度トレードがあるのではなかろうか?

で、楽天イーグルスで
少々埋もれそうな選手で
かつ、わが広島カープの補強ポイントに合致してそうな選手を妄想してみる。

直近で欲しいのは?
・サードもしくは、長打が打てそうな野手


でしょうかね?

もちろん先発投手候補は欲しいが・・・それは相手も同じだろう。
※これはあれば、環境を変える形のトレードはあるかもしれない。

という事で、この2つのポイントに焦点を当ててみる。

野手では?

内田靖人選手あたりはどうだろうか?
守備力に課題はあるが・・・パンチ力がありそう。

あとは?
まだ、放出しないかもしれないが・・・。

あとは、岩見雅紀選手あたりは、
わが広島カープのスカウトの評価が高かった選手であり
放出選手次第ではあるか・・・?

あとは、補強ポイントではないが・・・。

オコエ瑠偉選手あたりは?
わが広島カープの厳しい練習の方が、才能開花の可能性があるような気がする・・・。
※これはたぶんないか・・・?


投手ですと?
安樂智大、釜田佳直といった投手はどうだろうか?

両投手共、故障歴はあるが・・・。
環境を変えたら?という観点では面白い存在かもしれない。


で、今挙げた選手を獲得するなら?
わが広島カープも出血が必要となる。

楽天イーグルスが欲しそうなのは?

リリーフもしくは先発候補・2番手捕手(正捕手も狙える)あたりではなかろうか?

わが広島カープの捕手で環境変えたら?
出場機会がありそうなのが?


磯村嘉孝選手


現状4番手だが、打力もあるが・・・チーム編成上1軍での出場機会が減りそう。

あとは、直接的なニーズではないが・・・。

堂林翔太選手も、
出場機会がより得られる可能性がある選手として名前が挙がる・・・。


投手陣では?

中田廉、藤井皓哉、戸田隆矢、中村祐太


といった選手だろうか?

あとは、出血覚悟なら?

薮田和樹、矢崎拓也


といったところまで・・・。


あくまで、妄想ではあるが・・・。
現役ドラフト(これ?どうなるか?わからないが・・・)の話もあるので
成功例のある楽天イーグルスとのトレードを妄想してみた。

さて、2020年シーズンは
こういった動きがあるだろうか?

注目していきたいですね。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ 補強

2020年01月18日

わが広島カープで、現役ドラフトで指名されそうな選手を勝手に妄想

2020年から
開催される予定の現役ドラフト


いわゆる出場機会のない選手の救済措置
としての導入の方向である制度なワケだが・・・。
球団側の裁量なのか?どこで線を引くのか?まだ不透明な部分がある。

で、わが広島カープで、現役ドラフトの際に指名されそうな選手を勝手に妄想してみる。

まず、

藤井皓哉投手

1軍では、なかなか結果を出せないでいるが・・・。
2軍では、トップクラスの投手
である。

実際、藤井皓哉投手の
2019年の2軍成績は?

26試合27イニングを投げ
2勝6Sで防御率0.33

という目を引く成績
である。

今季6年目を迎えるワケだが・・・。

なかなかリリーフ陣の層も厚くなってきた現状があり

藤井皓哉投手は、
今季24才のシーズンという若さもあり
現役ドラフトで指名される可能性が高いかもしれない・・・。

↑こうゆうタイプの環境を変えたら?
という感じの選手が指名されるイメージだが・・・。

その他では?実績のある

中田廉、戸田隆矢の両投手あたりも
現役ドラフトで指名される可能性があるかも
しれない。

↑のような実績があるも、不振での復活狙いのパターンも想定してみる。

正直、この手の話は
生き物なので・・・他のチームの状況によりニーズが変わると思う。

逆の目線でみると?
わが広島カープが?

現役ドラフトで指名するとすれば?

野手ではなかろうか?


 特に、長打力があるが・・・他球団で埋もれている選手

がいれば?

という感じかも?
しれない。

開催時期によっては
この制度の使い方も変わってくるだろうし
現時点では妄想の域を出ないお話ですが・・・。


状況をみて再度書いてみたいと思っている。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ 補強

2020年01月16日

実績組か?それとも次世代の選手か?

2020年のわが広島カープの戦力を語る上で
重要なポイントがいくつがあるワケだが・・・。

2019年シーズンで
期待を裏切ってしまった形の実績組の復調があるか?

あるいは、次世代の選手が勝ち取るのか?

この点は見逃せない点である。

@ショートのポジション争い


実績組は?当然だが・・・。
新選手会長である田中広輔選手
である。

2019年はヒザの状態から
極度の不振だった。

代わって、ルーキーイヤーからチャンスをもらったのが?
小園海斗選手
である。

この2人のポジション争いは最大の注目点と言える。

Aリリーフ陣

実績組は?
中ア翔太、一岡竜司
そして、今村猛の3投手
である。

昨年活躍した
中村恭平、菊池保則の両投手は
本当の意味で2020年が勝負となる。

更に、岡田明丈投手のリリーフ転向が決定事項になっているし

先発組としての競争が予想される
アドゥワ誠、遠藤淳志の両投手も状況次第では
リリーフとなる可能性もある。

※ここで挙げた投手は、結果は出した事がある投手ではあるが・・・。

新外国人投手も2人加わった。

この他の投手にもチャンスはある。

序列変更となるとのか?

はたまた実績組の巻き返しがあるのか?

こちらも注目点である。

B先発投手も熾烈である。

大瀬良大地、ジョンソンの両投手はほぼ当確だが・・・。
残り4枠は、熾烈である。

野村祐輔、九里亜蓮、九里亜蓮の3投手は有力だが・・・。

ドラフト1位指名での入団のルーキー
森下暢仁投手に加え

アドゥワ誠、遠藤淳志、山口翔、中村祐太、高橋昂也
といった投手も可能性十分である。

更に、最多勝を挙げた実績組では?
ここ2年不振が続く薮田和樹投手もいる・・・。

C競争ポジションも同様である。


後半巻き返したが・・・シーズン通してだと

長野久義、松山竜平の両選手
期待を裏切ってしまった形の実績組だし

中堅ではあるが・・・。
野間峻祥、安部友裕の両選手も伸び悩んだ形・・・。

実績組か?それとも次世代の選手か?
春キャンプから始まるアピール合戦は注目点である!!!

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 広島カープ 補強
スポンサーリンク