スポンサーリンク

2020年02月29日

2軍でのフル出場でのショートか?1軍でのサードの可能性か?

さて、2020年シーズンの開幕に向かって
少しづつ、動きが出てきた
わが広島カープ。

注目の選手の1人が?
2年目を迎える小園海斗選手
である。

田中広輔選手が復調に兆し
=小園海斗選手は控え

というのが現状の位置づけ
である。

ここに来て
ピレラ選手のサードの守備不安があり
レフトでのテスト
(サード起用がメインらしいが・・・)

といった動きがあると昨日書いた。

で、小園海斗選手も
オープン戦ではあるが・・・打撃でのアピールに成功している。
2年目の進化および成長著しい選手
である。


プロ野球選手として
1軍でプレイしてナンボである。

 2軍でのフル出場でのショートか?1軍でのサードの可能性か?


と聞かれれば?
間違いなく

1軍でのサードでの出場の可能性を模索すべきだろう。

もちろんスタメンでの起用だけでなく
左の代打や代走といった役割も担う。

その中で、
田中広輔選手を実力で超えていく必要がある。

次世代の主力になる選手であり
ゆくゆくは、ショートのレギュラーになる選手ではあるが・・・。

このあたりの育成方針およびチーム事情で
だいぶ起用方法は考える必要があるのである。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小園海斗

2020年01月30日

2年目を迎える小園海斗選手への期待値

さて、2年目を迎える小園海斗選手への期待値について

今日は書いてみたい♪

小園海斗選手の
ルーキーイヤーは?

1軍で58試合197打席の出場機会を得て
40安打4本塁打1盗塁
打率.213という結果
を残した。

高卒1年目の選手としては
プロに対応できるレベルを証明し
インパクトを残し、将来性を感じさせた


という結果である。

もちろん、田中広輔選手がケガによる不調があり
小園海斗選手は、望外の出場機会を得られたというのも事実である。

 現時点では?ショートでの
 スタメン争いはもちろんだが・・・。

 1軍当落線上にいる


というのが、
小園海斗選手の現実であり、現在の立ち位置である。

その中で、まず、どれだけの出場機会を1軍で得られるか?
という部分が出てくる。


状態が万全なら?
田中広輔選手がレギュラーで出場する可能性の方が高いだろう。

ただ、膝の手術明けという事もあり、
欠場試合を作る可能性がある。

となると?
3連戦中1試合程度のスタメン起用などの可能性がある。

43試合のスタメン出場+代打および途中出場

現実的な線で考えると?
80試合240打席ぐらいだろうか?


また、小園海斗選手は、
走塁技術にも定評がある選手であり
昨シーズンはなかったが・・・。
序盤は?

代走右矢印1守備位置に入る
という役回りもあるかも?しれない。

打率250
本塁打 7
盗塁 10


小園海斗選手の2年目の期待値は
このぐらいでどうだろうか?


あまり過度な期待はせず・・・という数字だが
それほどハードルが低いワケでもないと思っている。

ひとまず春キャンプで
ケガなく、無事に
そして首脳陣にアピールをしていって欲しい!!!
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小園海斗

2019年11月25日

期待以上の活躍だった1年目の小園海斗

さて、初の契約更改を終え
200万円アップだった(広島カープの査定は辛すぎる・・・1軍最低保証は出して良い)
1年目のルーキーイヤーを終えた
小園海斗選手。

開幕前・・・下記の記事を書きましたが・・・。

http://momigi.sblo.jp/article/185184768.html?1574643127


小園海斗選手の1年目のルーキーイヤーの振り返りをしてみる!!!

1軍で58試合197打席の出場機会を得て
40安打4本塁打
打率.213

2軍では?
53試合227打席打席の出場機会を得て
44安打6本塁打
打率.210

で1年目のルーキーイヤーを終えた。

打率は、期待値より低かったが・・・。

田中広輔選手の不調&ケガにより
想定したより、かなり多くの出場機会を得た。

チームは結果として
4位で終えたが・・・優勝争いをしているチームにおいて
試合経験を得た事は数字以上に評価されるべきだろうし

ここぞという場面での安打もあった。

期待以上の活躍だった1年目の小園海斗

もちろん2軍で経験を積み形になっていれば?
2軍成績はもう少し良かったと思われる。

ただ、プロは1軍でプレイしてこそ。

である。

1年目は、実力以外の部分で
優遇された部分もある。


だが、2年目は?
レギュラーとしての期待のかかる1年になりそう
である。

菊池涼介選手が
メジャー挑戦濃厚であり・・・。

チームの骨格である
二遊間の作り直しとなり、大きなチャンスである!!!

2年目の期待値について明日以降に書きたいと思う♪

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小園海斗
スポンサーリンク