2022年12月18日

天は何物与えるのだろうか・・・?

先日、今やわが広島カープのエースと呼んで良いでしょう。
森下暢仁投手が、
2022年の契約更改に臨み

3500万アップの
年俸1億1000万円で契約更改を終え、
わが広島カープでは
球団最速の1億円突破
となりましたし

&大学時代に知り合った1歳年下の一般女性と
結婚
していた事を発表!!!


なんでしょうね?
森下暢仁投手は、
全てにおいて、好感が持てる選手
ですよね。


野球選手としては
投手として野手としても素晴らしい。

まさに、野球センスの塊。

甘いマスクに、この好感度。



 天は何物与えるのだろうか・・・?


 嫉妬を通り越して、憧れ
ますね(^^♪


さて、そんな森下暢仁投手も
大きな転機と言える右ヒジの手術があり・・・。

開幕に間に合わない可能性がありますが

まーこれさえも・・・更なる進化の過程にしてしまう投手ではないか?
そんな期待をせずにはいられない・・・。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 07:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森下暢仁

2022年10月28日

森下暢仁 右肘クリーニング手術

わが広島カープの
森下暢仁、小園海斗の両選手の手術が発表
されましたね。

小園海斗選手は
左人さし指の手のひらにあるこぶを取る手術との事なので
大きな問題はないような気がしますが・・・


気がかりは、
森下暢仁投手の右肘クリーニング手術ですね・・・。

最近では、
わが広島カープでは
大瀬良大地投手が近しい手術を受け
約半年後ぐらいに復帰した経緯
があります。

単純計算で行くと
森下暢仁投手も、5月には・・・。復帰かも?

ぐらいな感じでしょうか?

 ムリをすれば、開幕に間に合う可能性もありますが・・・。

 再発の方が怖いので・・・。


最悪、セパ交流戦もしくは後半戦でも良いつもりで
慎重にリハビリをお願いしたいですね。


実際、復帰年は本来のパフォーマンスに至らない事が多い・・・。
翌年には、状態が戻る印象があります。


ここは、考え方です・・・。

他の投手にとっては
森下暢仁投手が間に合わない可能性が高い。

1枠空きそうなのだから
したたかに、2023年の開幕ローテーション入りを狙って欲しい
ですね。
ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森下暢仁

2022年10月22日

2022年シーズン中の前半から違和感があったんでしょうね・・・。

2022年のドラフト会議もひと段落し

わが広島カープとしての補強は、

 FA資格を持つ西川竜馬選手の去就

 外国人選手の去就および新助っ人獲得の有無(入れ替え)


というフェーズに入っていくワケですが・・・。

現役ドラフトや他球団の戦力外選手獲得や
トレードという手もあるが・・・。

 支配下契約数の兼ね合いから、
 あればトレードまででしょう。


という中で・・・。

わが広島カープとしては、
とても気になるのが?

右矢印1森下暢仁投手
ですね・・・。

 侍ジャパンを右ヒジ通で辞退。


2023年の開幕に間に合うか?という以前に
どの程度の状態なのか?

トミージョン手術が必要なレベルなのか?



という事。


実際シーズン中も
当ブログでは・・・。

森下暢仁投手は、1度作り直した方が良いと思う・・・。


可能なら、調整時間をあげたい感じ


といった記事を書いてきましたが・・・。

おそらく、2022年シーズン中の前半から違和感があったんでしょうね・・・。

素人がみても、「あれって?思う時は、やはりなんかあるんでしょうね」

それでも、なんとかゲームを作るところまで
投げられたというのが、
森下暢仁投手たる所以ですが・・・。


現時点では、
2023年のわが広島カープの開幕には、
森下暢仁投手がいない想定で
考える必要がありそう
ですね・・・。

ひとまず、診断結果が軽症であるのを祈りたいです・・・。

ブログランキングに参加しています。
「応援をよろしくお願い致します。」
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村

広島東洋カープ ブログランキングへ

スポンサーリンク

posted by モミジ at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 森下暢仁
スポンサーリンク